江尻の記事が。。。

 

江尻の記事が!

 

 

 

既に、ご覧になられた方もいらっしゃるとは思いますが、昨日の江尻の快投が大きく朝日新聞の紙面(4月19日)に載りました。他紙の状況はと申しますと、河北が談話を、毎日が朝日と同じ内容の囲み記事を載せている以外、読売 サンケイ 日経には関連記事すらもありません。
スポーツ紙に至っては、報知 日刊 スポニチ いずれも新庄の事ばかり。
その中で、朝日がやってくれました。朝日のエースライター西村欣也の清原のコラムを片隅に追いやって、しかもカラー刷りの投球シーンと供に・・。

 

嬉しいです。初勝利は河北が大きく伝えてくれましたが、全国紙の扱いは初めてです。

 

セリーグのゲームのない昨日、私が担当デスクなら、間違いなく、井口とイチローの大リーグの話題がトップ。次がソフトバンク・バティスタのパリーグ通産40,000号アーチ。それに絡んで新庄の3ラン(39,999本目)。そして、田尾と三木谷の確執、楽天4連敗のラインアップにしました。

 

一般紙のスポーツ欄はこれでいっぱいですよ。朝日を除いてそうですからね。
じゃ何故朝日が取り上げたのかです。毎日も扱っているからスクープではありません。イケメンの江尻が女性記者の気持ちを動かした?残念ながら記名記事で男性の名前。要は、江尻の理路整然とした応答が功を奏したのでしょう。それが担当記者の心を動かして、デスクへの強烈な売込みに繋がったのだと思います。内容的には、没になってもおかしくない話題でした。

 

人柄に加え、さすが仙台ニ高出身と思わせる受け答えだったのでしょう。


全国紙に扱われた意義は大きいと思います。日程的に3日間の休みが入るので、ローテーションが変わる可能性も出てきました。次回登板日は早まるかもしれません。


                    東北朝日プロダクション 斎藤茂

 

ダウンロード
20050419江尻の記事が.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 13.7 KB